保育士の給料内訳と確認ポイント

###Site Name###

保育士の給料では、大きく、勤怠、支給額、控除額、その他の項目に分けて支給明細が提示されますが、支給された場合にはそれぞれの項目に関してチェックを行うことが大切なことになり、誤りなどが無いかどうかの確認をする必要があります。まず、勤怠では、勤務日数や労働時間に関して自分が記録したものと比べて誤りが無いかどうかの確認をします。

勤怠での項目は出勤日数や勤務時間数、時間外勤務時間、休日や遅刻早退に関して記載があり、特に、保育士の場合には時間外勤務があることから、よく確認をする必要があります。



次に支給額があります。

ここでは、基本給をはじめとして、特殊業務手当や管理職手当などの様々な手当が記載されており、特に保育士に関係する手当などでは事業所によっても違いがあるために、自分がどれに当てはまるのかをよく知っておくことが大切なことになります。
また、ここでの通勤手当には、公共交通を利用している場合には10万円までが非課税になることも理解しておくことが必要です。



控除額に関しては、一般的には厚生年金保険、雇用保険、所得税、住民税があり、ここでは事業所の負担率を理解しておく必要があり、同時に自分の負担率がいくらになっているのかを把握しておくことが大切になります。また、事業所によっては財形貯蓄制度や他にも制度等を設けている場合があり、その場合にはここでの項目に含まれることになり、保育士の特徴となる給食費に関しても同様の扱いとなります。

保育士の求人関する情報選びといえばこちらのサイトです。

その他では年末調整などに関する内容が記載され、支給合計額、控除後系額、現物支給額、そして差引支給額とともに銀行振込額が分かる内容となります。